車を持たずにカーシェアリングで節約

赤い車もともと車の使用頻度が週末のみと高くないこともあり、思い切って車を持たずにカーシェアリングを利用することにしました。大雑把ですが私の試算では、車の購入費を除いても維持費だけで月に2万ちょっとの節約になっています。特にガソリン代と保険料がいらなくなったため家計にずいぶんと余裕ができました。

また、車があるとついつい車内用の座布団や座席カバー、小物入れやごみ箱のこまごまとしたカー用品を買ってしまっていたのですが、それも一切不要になったため雑費の支出も考えると2~3万円程度の節約になっている思います。さらに洗車代やタイヤ交換、車検代を考えると結構な金額の節約になりました。

またカーシェアリングを利用することで、車の使用頻度がずいぶんと減りました。以前はなんとなく車に乗って出かけていたこともありましたが、カーシェアリングの利用は予約制のため計画的に乗るようになりました。今のところ一か月間のカーシェアリング利用料金は、5千円から6千円程度です。使用頻度は月に一、二回程度で利用が全くない月もあります。

車での外出の代わりに、電車やバスなど公共交通網の利用していますが、バス停も自宅から近く割と恵まれた環境のためそれほどストレスは感じません。3歳になる子供が一人いますがバス好き・電車好きということもあり、特に不満はないようです。

ただ不便な点として、カーシェアリングでファミリーカーは人気があるようで予約が埋まっていたり、私たちの利用の直前に車を利用した方のお菓子の食べかすが落ちていたりします。運転する際もマイカーと違って運転しなれていない車にのることになるので、慣れるまで運転に気を使うこともあります。また、最寄のカーシェアリングの駐車場が埋まっていた場合は自転車で10分ほどかけて車を取りにいかねばならず雨の日は正直面倒くさくなることもあります。
ただ、車があれば便利、なければないでなんとかなるため、当分はカーシェアリングでの節約は続けていく予定です。

お金が無い時は節約料理で乗り切ります!

グラタンお金が無い時は、食費を減らすために節約料理を作ります。お肉の量を減らした代わりに、かさを増してくれるのが豆腐やおからなどです。

豆腐は安く買えます。焼いて醤油をかけたり、湯豆腐にしてポン酢で食べたり、そのままでも美味しいです。ひき肉を減らして、豆腐をハンバーグに混ぜると、ふわふわジューシーに仕上がります。おからも100円以下で買え、食物繊維が豊富で体にもよい食材です。おから、片栗粉、卵、ツナ、マヨネーズ、パン粉、コンソメスープを混ぜて、形を整えて油であげます。すると、おからナゲットツナマヨ味が簡単に作れます。

豆腐と白玉粉を混ぜたお団子、おからのマフィンなど、おやつにも使えます。豆腐やおからが入っていることに気づかないほど、いつもと変わらず美味しく食べられます。

その他にも、安く買える食材で節約料理を作ることができます。もやしは一年中安く手に入り、スープにしても、サラダにしても、炒めてもいいので、飽きずに食べられるのが良いです。パンの耳をタダでくれたり、格安で販売しているパン屋さんがあります。耐熱容器にパンの耳と100均でも売っているミートソースやホワイトソースを入れ、チーズをかけてオーブンで焼くとグラタンができます。

節約料理を調べてみると、使える食材やレシピが沢山あります。楽しみながら節約して、お金が無い時を乗り切っています。