子ども3人大人2人、毎日の私の節約生活

ゴム手袋をはめた女性私は、日々の生活の中で常に節約を考えています。なので、生活の1つ1つを気をつけています。まず、主人には毎日必ず手作り弁当を持って行ってもらっています。冷凍食品は、便利ですが不経済なので、ほぼ手作りの物です。副菜は、多めに作り小分けし冷凍しています。弁当の調理はなるべく電子レンジを使用。ガスを使用して作るものは夕食の残りになります。

食器を洗う時は、お湯は一切使用しません。ゴム手袋をはめて、水で洗うようにしています。油汚れがひどいもの以外は洗剤は使いません。重曹を薄めた液体をスプレーボトルに入れているのでそれを使用します。お風呂は、小さな子どもがいるので、シャワーではなく、毎日浴槽にお湯を溜めます。なので、洗濯はもちろん風呂水。洗濯の際も、柔軟剤は使用しません。洗濯洗剤のみで洗うようにしています。

シャンプーは、大人と子ども用を分けてしまうと、2倍の費用がかかってしまう為、一緒に使用できるものにしています。子どもは1回半プッシュ、大人は1回ワンプッシュ、コンディショナーは使用しません。お風呂の中での子どものおもちゃは、食器の洗剤容器や、コーヒーが入っていたプラスチックのコップ、豆腐の容器等で、特別買ったおもちゃはありません。

子どもと出かけるところは、お弁当、水筒を持って公園か、近所で自転車の練習です。なるべく電気は夜になるまでつけず、暖房もずっとはつけずあまり温度もあげないようにして使用しています。

賃貸アパート部屋の水道蛇口で節水

洗面所私は埼玉県に住む36歳の男性です。最近ですが、住んでいる地方自治体が水道料金の値上げを決定したため、どうにかして従来よりも節水できないか考えていました。簡単に使用する量を減らすという方法も実践しましたがやはり限界もあります。それに水道のことだけを気にしてガスや電気を沢山使ったのでは何も意味がありません。

引っ越したばかりで蛇口はそのままでしたので、節水器具が取り付けられないか調べることにしました。その結果、TOTO製のワンタッチで上げ下げできる蛇口であることがわかりました。安いアパートだと普通回して開閉するタイプの旧式の蛇口でそちらの方が簡単にシャワー化できます。私はこのタイプの蛇口に節水器具を取り付けたことが無いので初めての体験でした。

調べていると時間がかかるのもあって毎日少しずつ調べていって最初諦めかけていたのですが、調べていくうちに中継金具が存在することがわかりました。これを通販で取り寄せ取り付けるのにコツが必要だったのですが、何とか取り付け60%もの節水が可能になりました。かなりの節水です。水道領収書を見てかなり落ちました。料金が減ると楽しいですね。諦めずに実行して良かったと思います。

毎月支払いの固定費の見直しによる節約術

携帯電話私の節約術は毎月必ず支払ってる固定費を見直すことです。私の場合、月々の支払いはほとんどクレジットカードにしているので毎月何にいくら支払っているかはネットですぐに確認出来ます。また、固定費で削減出来るものがあれば毎月同じ額がずっと削減出来るので効果が大きいと感じます。

改めて確認してみると意外と無駄な支払いがあることに気づきます。例えばスマホ代が毎月11000円くらいかかっていたので、格安スマホに契約し直して今は毎月3000円かかっていません。

また、あまり見ていなかったケーブルテレビを一部解約し3000円ほど安くなりました。

水道光熱費についても検討しましたが、私の場合はそれほど無駄使いはしていなく、我慢して削減するのも大変な気がしてそのあたりはそのままにしました。

どちらかというと生活する上で無くても困らないものや、娯楽の割合が大きいものが節約の対象になります。

ガソリン代やETC代もクレジット払いなので、改めて見てみると、無駄なドライブをしていることに気づきます。それからは高速を使わなくてもいい場合は、なるべく下道を走ったり、エコ運転を心がけて燃費のいい走り方に変えたりしています。

固定費を削減するのは契約の見直しだったり、解約等多少面倒なことはありますが、個人的には大きな効果が得られたと感じています。