私が今までに実践したことのある節約方法

私が今までに実践したことのある節約方法は2つあります。

コンビニの店内まず1つ目は、自家用車での通勤を電車と自転車へ切り替えたことです。車での通勤は、時間的な拘束もなくとても便利ですが、ガソリン代、また駐車代などかなりかかります。ガソリン代は一回のレギュラー満タンで五千以上はかかりました。駐車代についても月1万2000円ぐらいかかりました。毎月の交通費がかなり高くつき、ついに電車通勤に切り替え、最寄りの駅から自転車を使って出社することにより、その結果、年間で10万以上の節約になりました。

2つ目は、コンビニに行かなくなったことです。以前は、毎日のようにコンビニへ行き、飲み物や食べ物を購入していました。一回の買い物で使う金額は500円から1000円以下でしたが、年間の出費にして計算してみるとかなりの額になります。コンビニで購入していた飲み物や食べ物をスーパーで安い時にまとめ買いしたり、お弁当を作って持っていくことにより、なんとなく出ていくお金を節約することができました。

これら2つの節約方法はちょっとしたことですが、生活スタイルをちょっと変えるだけでも、かなりの額を節約できると思います。生活スタイルを見直すことは節約の第一歩だと思います。

計画が大まかに立てて臨機応変に生活しよう

カレンダーとペン私が最近やっていて、これはいいかもと思ったお金の節約方法です。まずカレンダーを用意して、2週間の予定を確認します。イレギュラーなお金が出て行く予定はないか、自宅で食事できない日はないか、買い物に行くとしたら特売日もチェックします。

次に、思いついた食べたいものを片っ端からメモ帳に書いていきます。できたら12回分は考えます。毎日自炊はけっこう大変ですから、とりあえず食べたいものを書いておきます。その料理に必要な食材や調味料をあげておき、ないものは買い物リストに書いておきます。代用できるものは代用する方向で考えます。とりあえずメインの食材とないと絶対困るものをまず買います。買い物から帰ったら、お肉はドリップを拭いておくとけっこう長持ちします。3日分のメインの食材以外は冷凍したり、冷蔵庫の空気に触れないようにしてしまいます。

ここまで済んだら、お財布からレシートを抜いて、残額をチェックして小銭を抜いて、残ったお札だけで暮らします。こうすると、小銭の分は少なくとも貯蓄にまわせます。これを4週間続けると、ちょっとした余裕が生まれ、なおかつ計画に基づいているのでこれ食べたいのにというストレスもへらせます。日用品も同様のやり方で購入してみると余計なものを買うことを減らせますし、たとえば食事メニューに入れ違いがあってもあわてることはありません。焦ったり気持ちが波立つことが節約の邪魔になりますので、それを防げるというのは我ながらよい案だと思います。