毎日のお買い物ででた釣り銭貯金節約術

レジから出すおつり普段、主婦の方々は毎日の様に、お買い物に出かけると思います。現在はクレジットカードなど、現金を持たなくてもお買い物ができ、且つポイントが貯まるシステムに多様性を感じています。当然ながら、私もなるべくクレジットカード払いにしてポイントをためる様に努力しています。

でもちょっとした買い物やクレジットカード払いが利用出来ないお店って結構ありますよね?そんな時は必ず現金払いとなるわけです。お札で支払うと当然お釣り銭がでます。その釣り銭を毎日帰宅後に貯金箱へ入れる習慣をつけてみました。すると、貯金箱の中身が増える喜びもあり、毎日楽しみながら釣り銭貯金ができたのです。

「だったら最初から貯金額を抜いちゃえば良いじゃない?」という疑問が発生すると思うのですが、実際に3万円を貯金に回し、残りのお金で生活費を遣り繰りすると、3万円を貯金に回した事が負担となり追い詰められるように感じていました。だったら釣り銭でどれだけ貯金できるかやってみようと考え実際に1ヶ月やった結果、なんと3万3千円くらいになりました。釣り銭貯金は先に抜く貯金よりも遥かに精神的に楽、いや楽しく実行でき、且つ金額も少しですが増えるという結果になりました。

日々の買い物の回数を減らして簡単に節約

買い物のレジ節約のために、私は食品・日用品の買い物の際にまとめ買いを心掛けています。まとめ買いをすることによって、買い物に出かける回数が減少し、買わなくてもよいものを飼ってしまうという無駄を省けます。 頻繁に買い物に行くと、どうしてもその時目についたお値打ち品に興味を持って買ってしまいがちです。

例えば、トイレットペーパーやラップ、袋麺、ごみ袋、菓子類などのコーナーを通ると、買う予定がなくても何となくストックのつもりで買い物カゴに入れてしまいます。こうして買った日用品は確かにストックにはなりますが、今すぐ必要というわけではない場合、1~2か月間戸棚の下に入れっぱなしになっていることがあります。一つ一つの単価はそう高くありませんが、今すぐ必要ではない日用品を頻繁に買っていると500円程度は余分にかかります。

肉・魚・キャベツやネギなどの食品も、あらかじめ毎日の献立と材料を考えてから1週間分まとめて買い、冷凍庫を活用して保存します。野菜類はかさばるので、使う順に包丁で切って冷凍庫にパックして収納しています。同じ野菜や調味料を複数回違うメニューに使い回せるので、献立を考えながら毎日一品ずつの材料を買っていた頃より、毎週400~600円ずつ程度節約できています。

子ども達といっしょに買い物に行かない

数種類のお菓子節約として意識しているのは、買い物に行く回数を減らすこと、子ども達といっしょに買い物に行かないこと、その日の特売品を無計画に買わないことです。まとめ買いすることで、一週間で使い回し出来そうな食材を効率的に考えてます。またちょこちょこと買い物に行って散財することを防止します。子ども達と行かないようにすることは、無駄なお菓子等を買わなければならない状況を避ける為です。子どもはおなかがすいていようがいまいが、スーパーに連れて行けば間違いなくお菓子売り場に直行します。この行動には毎回悩まされます。お気に入りを買ってもらえるまで、親を説得しようとするからです。何とか言い聞かせて無駄使いを阻止できても、時間のロスになります。買いたくもない商品を買う羽目になれば、それこそ節約にはなりません。

特売品も目の毒です。節約を心がけようとすると、どうしても商品のポップに目がいってしまうからです。ここで踏みとどまれないと、大変なことが待ち受けています。同じ物が何個もあったり、使い回しできない食材だと、しばらく、いえ、かなり冷蔵庫や冷凍庫に長く居座ります。気づいた頃には、腐りかけて食材として使えないだけでなく、お金の無駄になります。そのような点に気をつけながら買い物をすることが重要です。

私が今までに実践したことのある節約方法

私が今までに実践したことのある節約方法は2つあります。

コンビニの店内まず1つ目は、自家用車での通勤を電車と自転車へ切り替えたことです。車での通勤は、時間的な拘束もなくとても便利ですが、ガソリン代、また駐車代などかなりかかります。ガソリン代は一回のレギュラー満タンで五千以上はかかりました。駐車代についても月1万2000円ぐらいかかりました。毎月の交通費がかなり高くつき、ついに電車通勤に切り替え、最寄りの駅から自転車を使って出社することにより、その結果、年間で10万以上の節約になりました。

2つ目は、コンビニに行かなくなったことです。以前は、毎日のようにコンビニへ行き、飲み物や食べ物を購入していました。一回の買い物で使う金額は500円から1000円以下でしたが、年間の出費にして計算してみるとかなりの額になります。コンビニで購入していた飲み物や食べ物をスーパーで安い時にまとめ買いしたり、お弁当を作って持っていくことにより、なんとなく出ていくお金を節約することができました。

これら2つの節約方法はちょっとしたことですが、生活スタイルをちょっと変えるだけでも、かなりの額を節約できると思います。生活スタイルを見直すことは節約の第一歩だと思います。

計画が大まかに立てて臨機応変に生活しよう

カレンダーとペン私が最近やっていて、これはいいかもと思ったお金の節約方法です。まずカレンダーを用意して、2週間の予定を確認します。イレギュラーなお金が出て行く予定はないか、自宅で食事できない日はないか、買い物に行くとしたら特売日もチェックします。

次に、思いついた食べたいものを片っ端からメモ帳に書いていきます。できたら12回分は考えます。毎日自炊はけっこう大変ですから、とりあえず食べたいものを書いておきます。その料理に必要な食材や調味料をあげておき、ないものは買い物リストに書いておきます。代用できるものは代用する方向で考えます。とりあえずメインの食材とないと絶対困るものをまず買います。買い物から帰ったら、お肉はドリップを拭いておくとけっこう長持ちします。3日分のメインの食材以外は冷凍したり、冷蔵庫の空気に触れないようにしてしまいます。

ここまで済んだら、お財布からレシートを抜いて、残額をチェックして小銭を抜いて、残ったお札だけで暮らします。こうすると、小銭の分は少なくとも貯蓄にまわせます。これを4週間続けると、ちょっとした余裕が生まれ、なおかつ計画に基づいているのでこれ食べたいのにというストレスもへらせます。日用品も同様のやり方で購入してみると余計なものを買うことを減らせますし、たとえば食事メニューに入れ違いがあってもあわてることはありません。焦ったり気持ちが波立つことが節約の邪魔になりますので、それを防げるというのは我ながらよい案だと思います。

本当に必要なものとそうではないもの

ソフトクリーム私は普段、カゴに商品を入れる前やレジに並ぶ前に考えることがあります。それは本当にこれらは必要なものなのか、ということです。本当に必要なもの以外は元あった商品棚に戻しにいきます。その時の思いつきで買うと無駄遣いばかりしてしまいます。

私はアイスやケーキなど甘いものが大好きです。そのためお昼ご飯を買いにコンビニへ行った時や、晩御飯の食材を買いにスーパーへ行った時も必ずと言っていいほどアイス売り場を見てしまいます。何か新しい商品があるかもしれない、と思って眺めるのです。ですが、そのようにして欲望に負けていると無駄遣いばかりしてお金はなくなります。

たったアイス一個、と思うかもしれませんがおおよそ1個100円はするものです。高いものであれば200円以上します。それが10回積み重なったらどうなるでしょう。1000円、2000円の無駄遣いです。その1000円があったら他に何が買えるのか、ということを考えると自然とカゴには入れずにすみます。

私はこのようにして節約して言った結果、月に1000円ほどのお金を無駄にしなくて済んでいます。この1000円は貯金したり、友達と飲みに行く時の足しにしたりしてやりくりしています。

家族4人、食費をうまく節約して家計をやりくり

スーパーのカゴ家族構成は夫、私、息子、娘の4人家族です。子供たちはまだ幼くあまりお金はかかりません。ですが子育てがある為私は働きに出る事が出来ず専業主婦をしております。光熱費や毎月決まった支払いは節約のしようがありません。それで毎日の食生活を見直しました。旦那にはお弁当を持って行ってもらい、一日に使うお金を減らしてもらいました。

食材はスーパーで買います。そのスーパーが節約ポイントです。イオン系列のスーパービックというところで週に一回、毎週末買いだめします。あとは食材を買い出しにはいきません。特に第二日曜日は5%オフなので、みりんや油、お肉、お魚などかさばり高いものを買うようにしています。買ったものは冷凍できるものは冷凍保存しています。

そして何よりポイントがたまるという事です。イオンカードでの支払いでポイントがたまります。ですのでお財布いらずで買い物ができます。毎週買い物しますし、何か日用品や雑貨、服を買う時もイオンで買うとポイントになります。一年でポイントは5000円ほどに。そのポイントを使って一週間分の買い物が無料となるのです。何よりほかのスーパーより安いという面でも節約になっています。これからも買いだめでなんとかやりくりを頑張っていきたいと思っています。

私の食費の節約方法3つのポイントをご紹介します。

私は4歳の子どもがいる専業主婦です。子どもと一緒にすごしていると楽しいのですが、楽しい時間と引き換えに現在食費の節約をしています。食費の節約方法は3つポイントがあります。

玉ねぎ一つ目は食品のストックを買いすぎないことです。スーパーに行って特売品があると、家に2個ストックがあってもつい買ってしまいまいたくなります。たくさんストックがあると場所も取り、今家に何個ストックがあるかわからないので、使い切れないまま賞味期限を切らしてしまうこともありました。この失敗以降1ヶ月で使いきれるだけの食品をストックするようになりました。

2つ目はよく行くスーパーの強みを知ることです。私の一番行くAスーパーは木曜日に牛乳と卵が安くなります。その近くにあるBスーパーは味噌や小麦粉やバターがこの地域では一番安いです。というようによく買うものは底値と決めたお店で買うようにしてます。各々のスーパーのよさを通ってリサーチをしてどこでどの食材を買うといいのかを知ることで能率よく買い物ができるようになりました。

3つ目は買った食材はきっちりと使い切ることです。私の場合は1週間で食べきれるだけの食材を買ってきて、少なくなってきてもあるものだけで乗り切るようにしています。本当はたまねぎが必要な料理でも、たまねぎがないときは冷蔵庫に残っていたにんじんで代用したり、ついきりすぎてしまった野菜はジップのついた袋に入れて冷凍保存して、次に料理するときに使います。冷凍保存することにより、火のとおりがよくなるのでガス代の節約にもつながります。

3つのことに気をつけて食費の節約をすることにより、毎月3万5千円だった去年が、今年は食費が毎月3万円に下げることができました。

節約しつつ、美味しい料理をいただく

特価のマーク節約を意識してから、スーパーには1週間に2回までしかスーパーに買い物に行かないという決まり事を作りました。以前は近隣のスーパーのチラシを穴が開くほど見て、特売品をハシゴして購入する、というのが私の定番でした。

しかし、特売品のみ買いに行ったつもりが余計なものまで買ってしまい、結局無駄遣いになってしまうことも…。今でも特売品のチェックは大好きでよくチラシを見てしまいますが、ハシゴして買い物をするのはやめました。ハシゴ買い物を辞めてから食費が一万円近く減りました。

また、週に2回までしか買い物に行かないことを決めているので1回にお肉などの材料をどっさり買うようになりました。そのまま冷凍しとくことも多いですが、味付けをして冷凍しておけば、急いでいる時や料理が面倒くさい時のお助け一品になるため、毎回作り置きを欠かさずにしています。この作り置きによって、「料理を作るのが面倒…」という理由で近くのファミレスなどに外食しにいくこともなくなったので、その分お金が浮くようになりました。

また、ふるさと納税も利用し始めました。我が家はお米30キロを申し込んでいるので、おコメを買う機会も減りました。ふるさと納税のおかげで、年間を通して2万円ほど消費を抑えることが出来ました。

光熱費やショッピング時間の節約

エアコン現在の家に引っ越してきてから2年経ちました。引越当初は、節約という言葉なんて私の頭にはなく、家計簿を毎月なんとなくつけていました。そんな生活が続いた頃、車の故障が続くという不運に襲われ節約を始めようというきっかけになりました。

まずどこから節約をすればいいのかと悩み、どんな生活をしているのか振り返りました。電気ですが、エアコンは暑がりの家族のためにフルで使用していました。その時の電気料といったら驚6くほどです。インターネットで節約方法を調べ、エアコンの温度をあげて扇風機と併用していました。私しかいない場合は、窓を全部開けて風通しを良くしています。家族で過ごすときは1つの部屋でいるようにしたり使用してないコンセントは抜くというように癖をつけました。

ご飯は1日1回多めに炊きます。炊きあがったら、炊飯器からすぐにだします。サランラップで小分けします。給湯器は使用していないときは消しておくことにして、その結果昨年と比べて2,000円ほど節約できています。

冬は灯油代がかかりますがファンヒーターを使っています。ガス代ですが、今までは手の込んだ料理を作っていましたが、家族にはイマイチだったようで料理を時短することにしました。昨年よりも1,000円ほど節約できています。

節約をしようと意気込むと返って負担になり挫折してしまいます。始めた当初は、家族にガミガミ言ってしまっていたことが多かったです。でも言い過ぎると逆に反発されてしまい、言われてやるものではないなと思いました。その後は何も言わず自分は気を付けるようにしていたところ、いつの間にか家族みんなにも習慣として身についていたようです。そのおかげで助かっております。

生活していると必要なものや欲しい物がでてくると思うのですが、私はでかけてもウィンドウショッピングになることが多いので、今流行りのフリマアプリを利用させて頂いております。

洋服に限らず、化粧品や洗顔なども通常より安く購入ができる所が嬉しいです。不要な物は出品して売上金で欲しい物を購入しています。自宅でショッピングができますので時間の節約にもなっていいですね。